弁護士

失った自由を補う

交通事故が原因で身体が不自由になってしまう人がいますが、怪我の状態によっては日常生活が困難な場合もあるでしょう。治療を行なっても完治しない怪我も少なからずあり、現状からこれ以上回復することはないと診断を受けることも多いです。怪我が回復してもこれ以上の完治には至らない状態のことを「症状固定」と言い、症状固定だと診断された場合に後遺障害診断書を書いてもらうことができるのです。後遺障害とは、交通事故などが原因で身体機能障害が出てしまったり、神経系に障害が残ってしまうことを指しています。どれだけ時間を掛けて治療を行なっても症状が回復することはない(症状固定)と診断され、交通事故との因果関係が認められた場合に後遺障害だという明記されます。後遺障害によって今までの生活を著しく阻害してしまった場合、後遺障害等級認定を受けることで生活を補う補償を得ることができるのです。

後遺障害等級認定を受ける場合、身体に残った障害によって等級が決まります。障害が重い状態を第一級とし、順に数字が大きくなっていきます。等級認定を受けることで障害を負ったことに対する慰謝料を請求することができ、過失利益(労働能力を失った場合の損失)の請求を行なうことができます。また、障害保険金や入院・通院費などの支援を受けることも可能となるのです。交通事故後、被害者自らが認定に必要な書類等を準備することは大変です。手間を省き、確実に等級認定を受けたいなら法律のプロに依頼しましょう。相談は無料で行えますし、立証方法についても丁寧な説明をしてくれます。書類の作成から申請までを引き受けてくれるため、法律に関する知識が無くても安心です。慰謝料請求に関しても同時に相談に乗ってもらえることも大きなメリットの一つと言えるでしょう。