弁護士

人には言えない悩み

生きていると手元には大なり小なり資産が残されます。土地や建物、お金などの所有している財産は、配偶者や子供などの近しい親族が相続することが一般的でしょう。しかし、これらは自然と全てが手元に入るというわけではありません。財産を受け取るにあたり、税金の支払いが義務となっているからです。この税金のことを相続税と言い、遺言で贈与が確定する遺贈や、生前に財産を受け取る人を取り決める死因贈与も同様に相続税が課税されてしまうのです。財産を受け取った人が相続税を支払う義務があり、相続した遺産の総額によって支払う額が決められます。相続税は基礎控除額を超えた額に対して掛かるため、この基礎控除額を超えなければ相続税を支払う必要はありません。そのため、生前に多くの資産を作り上げている人に対して多くの税金が掛かってしまうという仕組みになっているのです。

京都には相続税に関して相談に乗ってくれる法律事務所があります。高い実績を積んだ事務所が京都には多く、遠方からも相談依頼があるほどです。実際に相続する場合にはどれだけの相続税が掛かってしまうのかを知ることができますし、相続に関しての申告に関しても引き受けてくれるのです。相続する資産などは名義変更などを始め、内容が難しい書類を作成して提出することが決められています。しかし、こうした問題も京都を始めとする法律事務所に依頼することでスムーズに行なうことができるのです。財産の総額や価値を判定するのは税理士が行なうのですが、税理士が違えば金額も大きく違ってきます。財産の総額が大きいほど支払う相続税の額も高くなってしまうため、納税の負担額が大きくなってしまった、なんてケースも少なくはありません。京都にある相続支援を行なう法律事務所などは、依頼者が損をすることなく遺産を安心して相続することができるようにバックアップしてくれます。